募集中の研修

  • 空き家対策~自治体の対処法~

    令和2年2月26日(水)-令和2年2月28日(金)

    政策・実務

    募集中

     

    適切な管理が行われていない空き家等が防災、衛生、景観等の地域住民の生活環境に深刻な影響を及ぼすなど、様々な場面で課題となっています。
    住民等の私有財産である空き家等に対して、法的観点等も踏まえ、市町村が実際にどのように対処していくべきなのか、先進事例などを交えて考えます。

  • 災害発生時のマネジメント~対策本部の運営~

    令和2年3月2日(月)-令和2年3月4日(水)

    政策・実務

    募集中

     

    災害発生時の初動対応期(地震の場合には、災害発生後72時間)の対策本部の運営について考えます。
    初動対応期では、災害対策本部における迅速かつ的確な判断が重要です。避難勧告・指示の発令、初動対応期の情報収集、国・都道府県・他市町村への連絡・連携、緊急時の情報発信等の事例を交えながら、災害対策本部におけるトップの判断をサポートできる能力の向上を図ります。

  • 外国人が安心して医療を受けられるための環境整備

    令和2年2月17日(月)-令和2年2月18日(火)

    国際文化

    募集中

     

    自治体職員、地域国際化協会及び市区町村国際交流協会、公立病院の職員等を対象とします。
    外国人住民や外国人観光客が年々増加する中、適正な医療を提供するための環境整備が求められています。この研修では、外国人が安心して医療を受けられるようにするために、外国人の医療・保健・福祉や医療機関における外国人患者受け入れの環境整備等に関する講義、現場での取組事例等を学ぶとともに、ワークショップにより情報の共有化を図ります。

  • 地域おこし協力隊ステップアップ研修

    令和2年2月3日(月)-令和2年2月4日(火)

    政策・実務

    募集中

     

    着任2~3年目で、今後のステップアップを考えている地域おこし協力隊員を対象とします。
    これまでの活動を振り返り、今後のステップアップに向けてすべきことを整理します。また、次のステップを踏み出すアイデア・方策を見つけだすために必要となる知識を学び、実務能力の向上を図ります。

  • 生涯学習によるまちづくりを考える

    令和2年2月12日(水)-令和2年2月14日(金)

    政策・実務

    募集中

     

    生涯学習施策には、社会の複雑化に伴う多様な住民の学びの意欲に対して、いかに学びの環境を整備し提供していくかが求められてきます。この研修では、企画・協働担当課や教育委員会などの職員を対象に、様々な学習機会の提供について考えるとともに、生涯学習とまちづくりを結びつける仕組みや施策を企画立案するための能力の向上を図ります。

  • 交通不便地域の住民サービスを考える

    令和2年2月12日(水)-令和2年2月14日(金)

    政策・実務

    募集中

     

    少子高齢化や若者の流出等により、人口減少が進み、高齢者が大半を占める地域が少なくない状況が全国各地に広がっています。このような地域では、通学・通院・買い物等、日々の生活に支障を来す住民が多く、公共交通等による住民の足の確保や、住民サービスをどのように提供していくかが喫緊の課題です。交通不便地域の住民の命と暮らしを守るためにどのような取組を進めていくべきか、先進事例等から考えます。

    ※昨年度の実施報告はこちら

  • 第2回多文化共生の地域づくりコース

    令和2年2月3日(月)-令和2年2月7日(金)

    国際文化

    募集中

     

    自治体職員、地域国際化協会及び市区町村国際交流協会の職員等を対象とします。
    多文化共生に関する基礎知識を習得するとともに、地域における多文化共生の課題を分野別に学びます。また、自治体やその関係団体が施策を展開する際に、多文化共生に配慮できるよう理解を深めます。
    修了者を「多文化共生地域づくりサポーター」として認定します。

    ・多文化共生施策の現状と課題
    ・外国人材の受入れ
    ・学校の教育支援、日本語教育、生活相談
    ・母子保健、高齢者福祉
    ・災害時対応
    ・自治体等の事例紹介
    ・施策立案演習 など

間もなく募集開始の研修

該当する研修がありません