ごあいさつ

学長 松﨑 茂

学長 松﨑 茂

平素より全国市町村国際文化研修所(JIAM)の運営につきまして、多大なご支援・ご協力をいただき誠にありがとうございます。

東日本大震災をはじめ、近年全国各地において発生している地震、噴火、水害などの災害により、甚大な被害に遭われた地域の一日も早い復旧・復興を心からお祈り申し上げます。

さて、社会・経済の国際化が進展するなか、世界の動きが地域社会や経済にも大きな影響を与えるようになり、地方自治体としても国際的な動向を常に注視し、迅速に対応することが肝要な時代となっています。また、膨大な情報が瞬時に世界で共有される現在、グローバルな情報を収集・分析し対処するためには、国際理解と国際感覚がますます重要になっています。さらに、今日、「クールジャパン」として日本の様々な文化が世界で注目され、その価値が認められています。全国各地域の人、モノ、技、文化等の価値を再認識し、「日本の魅力」を付加価値として創造し、世界のマーケットに向けて発信することが期待されています。

当研修所では、このようにグローバル化した日本を担う市町村行政の重要性に鑑み、世界の動きや変革に迅速に対応できる、国際理解と国際感覚を持った企画力・課題解決力の高い人材育成のため、幅広い課題をテーマとした研修を企画・実施しています。

日本最大の湖、琵琶湖を擁し、日本仏教の一大聖地、比叡山を望む大津市唐崎の地は、古代から多くの渡来人が運んだ最先端の文化・技術と融合した新たな文化・技術が創造され、政治、文化の中心地として発展してまいりました。

グローバルな視点で考え、かつグローバルに行動できる力を持った人材を育てる場として、この唐崎の地はまさにふさわしく、ここで学んだ研修生がそれぞれの自治体に戻り、新しい課題に果敢に挑戦していく原動力となるよう、全力をあげて人材育成に取り組んでまいります。

皆様の積極的なご活用をお願い申し上げます。

平成29年4月