研修のご案内

研修実施報告

【実施報告】市町村税の滞納整理実務

 平成24年度政策実務系研修「市町村税の滞納整理実務」を12月10日(月)から12月14日(金)までの5日間の日程で実施いたしました。
 この研修は、「市町村税徴収事務【JAMP共同実施】」の上級編として、困難案件への対応策と効果的な税徴収マネジメントについて学ぶことを目的としています。

 講師は、全日程を通して、滞納整理学会事務局長 三島 充氏にご指導いただきました。また、弁護士や自治体のご担当者の方にもご出講いただき、講義のほか、演習の講評にも加わっていただきました。

  ■滞納整理学会事務局長  三島 充 氏
  ■弁護士  瀧 康暢 氏
  ■北海道斜里郡斜里町民生部保健福祉課福祉係長
   (前税務課収納係)  玉置創司氏 
  ■熊本県阿蘇郡西原村税務係長  堀田直孝氏
 

 研修の詳細については、以下をご参照ください。
・研修ちらし http://www.jiam.jp/workshop/seminar/24/pdf/tr12091.pdf
・時間割 http://www.jiam.jp/workshop/course/pdf/24/policy/tr12091.pdf


←滞納整理学会事務局長 三島 充氏 講義風景
 「市町村税徴収の課題」
 「徴収を効果的に行うためのマネジメント」
北海道斜里町 玉置創司氏 講義風景→
「斜里町の滞納整理」


←弁護士 瀧 康暢氏 講義風景
 「弁護士と連携した滞納整理の展開」
熊本県西原村 堀田直孝氏 講義風景→
「西原村の徴収マネジメント」


 受講者の皆様からは、次のような感想が寄せられました。
「滞納整理の知識を深められたことはもちろんのこと、人脈が広げられたのでよかった」
「職場に戻ったら、来年の徴収スケジュールの提案を行う」
「同じ目的の仲間と有意義な時間を過ごすことができた」
「今後に向けてやる気が出ました」
「他の市町村の状況がわかり、今後、取り組むときには連絡を取り合って進められそうだ」
「参加する受講者にそれぞれのノウハウがあり、勉強になる」

 研修には、納税・徴収担当課や課税担当課など税務関連の部署のほか、国民健康保険担当課などから、40名の方が受講されました。
 今回の研修で学んだことに加え、積極的な意見交換を通して築いたネットワークを存分に活用いただき、今回の研修が業務で活かされることを期待しております。
 JIAMでは、平成25年度も12月9日(月)〜13日(金)の日程で本研修の開催を予定しています。
 来年も多くの方のご参加をお待ちしております。